philosophy

赤い箱と青い箱

絶対に後悔のない選択を

普通に生活してて後悔せずに生きるのは恐らく無理です
てか無理です

ちょっと言い方を間違えてしまいました

あなたが思う最善の道を


例え話を
ここに2つの箱があります
片方を選ぶと片方は消える
右と左の箱どちらをあなたは選びますか?





あなたが選んだ箱
その中には飴が一つ

その内容にあなたはよろこぶでしょうか?
がっかりするでしょうか?

もう片方の箱を開けてみないとそれはわからない

あっちの箱には飴が2つ入ってるかもしれないし
なにも入ってないかもしれない

人生とはそういうものです

実際に開けてみないとわからない箱そのもの

自分で選んだものを最善だったと信じるのが大切
自分が選んだ道が飴だったとしたら
もう片方の道は空っぽだったと自分に言い聞かし
進んでいくしかない


悩まぬ選択肢の結果に人間が満足することはない
スポンサーサイト

メール

メールは嫌いだ。
自分の伝えたいことを50%も伝えられない。
余計いざこざができる。

自分も嫌いだ。
思っていることを10%も言葉に出来ない。
嫌われるのも当然だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。